前へ
次へ

先輩に学ぶ、産休中にやっておくと良いこと

出産を経験した人が言うには、産休中というのは思いの外暇であったということでした。しかしながら、時間がたっぷりとあるときだからこそ、やっておくべき事柄がいくつかあります。産休中にやっておいてよかった事柄をいくつか紹介することにします。まず、出産後1ヶ月の大変な磁気を想定して環境づくりに専念しておくことです。出産後1ヶ月は赤ちゃんの世話もさることながら、体調が安定しないので外出がままならないといいます。そこで、そうした状況をあらかじめ想定して環境を整えておくこと良いとの先輩ママからのアドバイスがあります。例えば、ネットスーパーの利用頻度は高くなるので、予め会員登録をしたり、実際に買い物をしてみて使いやすいサイトを見つけておくと良いと言われています。また、ママ友の人脈を広げておくのもこの時期には最適です。マタニティーヨガのクラスに参加したりすると、そこでは同じく出産を控えた女性に多く出会うことになります。そこで気の合うママ友を見つけておけば、大変な時期の悩みを共有することができるでしょう。もちろん、身近に友達が多い人であれば、わざわざママ友を作らなくても良いかもしれません。しかし、同じ境遇の女性と知り合っておくことで困ったときに助け合ったり、悩みを聞いてもらったりすることができるので、ママ友作りは大切です。さらに、産休中は出産したらできないことをやっておくとストレス解消になります。出産後は旅行もままならないほど子供の世話で忙しくなるため、産休中に旅行をしておくと良いでしょう。また、産休中は気分転換に映画館へでかけたり、ヘアサロンへ足を運ぶという人も多いようです。産休中は時間がたっぷりとあるので、その時間を有効に活用することで、出産に備えた心構えをしておくことができます。また、できれば配偶者と将来のことを話し合っておくことで、子供を迎えたときに協力して子育てに臨む事ができるでしょう。

Page Top