前へ
次へ

産休中はどのように過ごすのかを考える

妊娠中でも仕事を続けている人は多く存在しますが、出産日が近づくと出産に向けての準備が必要です。出産後は育児でしばらくは忙しく過ごすことになりますので、産休や育休を取得することが一般的です。長い産休の間を有意義に過ごすためにも、どのように過ごすのかは考えておきたいところです。産休の間は、職場への復帰に向けて体力を取り戻しておく必要があります。産休や育休の間は家にいることが多くなるので、運動量も減ってしまいがちです。体力が落ちた状態で職場に復帰することは避けたいので、適度な運動も取り入れて体力づくりもしておくことがおすすめです。出産後の体の回復は個人差もありますので、それぞれの体の状態に合わせて無理のない範囲で運動をすることも大切です。妊娠・出産をすると体重も増える傾向にありますが、過剰に退場を増やすことは健康にも良いことではありません。授乳中はお腹もすきやすいので、つい間食をしてしまいがちですが、過剰に食べることは控えたいところです。バランスの良い食生活を心掛け、無理のない範囲で体重を戻しておきましょう。産休と育休を合わせるとかなり長期に休む場合もありますが、長期間職場から離れていると、復帰に不安を感じる人もいます。スムーズな復帰をするためには、産休の期間を生かして勉強をすることや資格を取得することも考えてみてはいかがでしょうか。最近はオンライン講座も充実していますし、通信講座なども活用すれば自宅でも効率よく学ぶことができます。長期の休暇を取得できることは、それほど多くありませんので、その間に趣味などしたいことを楽しんでおくこともおすすめです。そして、仕事に復帰する場合は子供は他の人に預けておく必要も出てきます。産休の間を利用して、保育園の見学など情報収集もしっかりとして、子供を預ける準備も整えておきましょう。赤ちゃんはいきなり他の場所に預けられると不安に感じる可能性もありますので、短時間でも祖父母に預けるなど、他の人と過ごすことに慣らせておくことも大切です。

Page Top